朝の時間をもっと楽に!楽々弁当の作り方

お弁当作りは楽にできます

色々なテクニックを駆使しよう

このコラムをシェアする

半調理のすごいワザ

作り置きの一種といえますが、半分調理=半調理というものが今はやりの時短ワザです。
半分調理、という名前の通り、野菜は切って塩ゆでしておいたものという具合です。
下処理と下味を施した状態で保存しておくもので、完成した料理を保存しておく作り置きとはちょっとだけ違いますね。

半調理のものはそのままでも使えるのはもちろんのこと、ほかのものを合わせて調理して別の料理にできるのが特長です。

作り置きだと、「今日はこれ食べる気しない」とか「飽きた」とか「水気がでちゃってる」といったデメリットがあります。
半調理は主に、日によって味にはこだわりたいという人向けのテクニックとなります。

野菜調理などはカットするまでも結構時間をとるので、その手間がないだけでも助かりますね。もちろん、肉類、きのこ類なども半調理で保存しておくと楽ですね。

スープジャーで楽々お弁当

スープジャーで作るお弁当も節約・時短では有用です。
スープジャーは保温・保冷に優れています。
その優れた保温性を利用して、余熱で食材に火を通すことが可能なのです。
なので、「放置」で料理ができてしまいます。保温だけでなく調理も任せてしまう感じですね。

朝は食材をジャーに入れ、熱湯(スープ)を入れるだけで、お昼の食べるころには完成しています。
実に楽なお弁当です。

代表的なのはスープ弁当です。たくさん野菜や肉などを入れれば栄養もあるしお腹もいっぱいになりますね。昨晩の残りのカレーやシチューを持っていけるのも強みです。
他におかゆ、リゾット、麻婆豆腐、肉じゃがなども可能です。

保温なので冬場しか使えないように思えますが、夏場でも、保冷がきくので冷製のパスタやうどんなどのお弁当を持っていけますよ。