朝の時間をもっと楽に!楽々弁当の作り方

お弁当作りは楽にできます

今流行りのお弁当づくり

このコラムをシェアする

常備菜を活用する

朝に一からおかずを作ると一品だけでも疲れてしまいますし、それが何品もとなったら1時間は早く起きなきゃ、となってしまいます。

楽にお弁当を作る一番のコツは常備菜、つまり作り置きのおかずを活用することです。
夜などの暇なときに、ある程度のおかずを作り置きしておけば、朝はつめるだけの作業ですみます。

このためには日持ちするもので、バラエティに富んだものを作っておくのが望ましいです。
それ以外にも、冷めていても美味しい、汁気があまりない、といった条件も必要ですね。ただ、汁気に関しては詰めるときによく水気を切って対策しておけばある程度は平気です。

常備菜は色どりを考えた野菜を用意するとお弁当箱につめるときに楽しいです。

缶詰を活用してみよう

時短の強い味方となるのが缶詰です。
これはお弁当に限った話ではないです。作り置きおかずの究極版といってもいいくらいなのですが、これを活用しない手はありません。

自分で作る常備菜での野菜に限らず、普段とりにくい魚や豆類もふんだんに種類があるので買っておくと良いですね。
缶詰はかなり安価に手に入るので節約にもつながります。また下処理済みで味付けも色々あるので好みで選べるのが良いです。

代表的なのが定番のツナ缶、最近人気の鯖缶です。豆類もミックスビーンズ缶などが入手しやすいですね。

缶詰で気を付けたいのは水分です。水分が多いと傷みやすいのでよく切って使いましょう。また一缶を使いきれない場合は別容器で冷蔵保存が基本です。開けてしまったらあまりもたないものとして考えてください。